チェスの駒をつくる⑥ナイト編2

前回からの続きです。

断面図の部分の線形上をコピーして

縮小してます。

2

ところどころ「コントロールポイントを追加」してます。

3

上から見るとこのように横に出っ張らせてます。

4

土台に近い部分はさらに出っ張らせてます。

6

「一点に収束」を使い、

縫い合わせるようにコントロールポイントを

つなぎ合わせていきます。

7

こういうところがshadeの独特の手法でして、

ポリゴンで頂点編集して…という先入観のある人ほど

使いにくいソフトと感じるかもしれません。15

このままだとカクカクしているので、

ブラウザで自由曲面の「切り替え」を行った後、

コントロールポイントを複数選択して、

一斉に「スムーズ」をかけます。

17

するとこんな感じで丸みを帯びていきます。

ヘリコプターを作ったときもやりましたが、

まずカクカクした状態のものをつくって、

あとで「スムーズ」や「角の丸め」を使って、

曲面を構築していくほうが最初はわかりやすいでしょう。

19

口の部分などを調整。

20

耳も作っていきます。

22

上から見てこんな感じの自由曲面にしてます。

23

完成。

ナイトの形はいろいろありますので、

難しいカタチにも挑戦してみるといいでしょう。

3Dモデリングのどんなソフトを使っても

このチェスの駒6種類を作れれば、

どんなものでも作れると思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です