タグ別アーカイブ: チェス

チェスの駒をつくる⑥ナイト編2

前回からの続きです。

断面図の部分の線形上をコピーして

縮小してます。

2

ところどころ「コントロールポイントを追加」してます。

3

上から見るとこのように横に出っ張らせてます。

4

土台に近い部分はさらに出っ張らせてます。

6

「一点に収束」を使い、

縫い合わせるようにコントロールポイントを

つなぎ合わせていきます。

7

こういうところがshadeの独特の手法でして、

ポリゴンで頂点編集して…という先入観のある人ほど

使いにくいソフトと感じるかもしれません。15

このままだとカクカクしているので、

ブラウザで自由曲面の「切り替え」を行った後、

コントロールポイントを複数選択して、

一斉に「スムーズ」をかけます。

17

するとこんな感じで丸みを帯びていきます。

ヘリコプターを作ったときもやりましたが、

まずカクカクした状態のものをつくって、

あとで「スムーズ」や「角の丸め」を使って、

曲面を構築していくほうが最初はわかりやすいでしょう。

19

口の部分などを調整。

20

耳も作っていきます。

22

上から見てこんな感じの自由曲面にしてます。

23

完成。

ナイトの形はいろいろありますので、

難しいカタチにも挑戦してみるといいでしょう。

3Dモデリングのどんなソフトを使っても

このチェスの駒6種類を作れれば、

どんなものでも作れると思います。

 

チェスの駒をつくる⑤クイーン編

だんだん等比級数的に更新頻度が落ちていく(笑)

まあ、ここんところ仕事でホムペ作ってたりしたので、

といういいわけをしておいてですねー

 

チェスの駒クイーンであります。

1

一応ここまでのチェスシリーズは

難易度順に作ってますので、

shadeの使い方がわからない人、

はじめたばっかりの人は、

順番に6種の駒を作れるようになれば、

ほとんどのモノはつくれるようになると思います。

まずは、断面図を描いていきます。

クイーンで一番難しいと思われるのは、

頭の部分でしょう。

まず、断面図を↑のように開いた線形状で描き

自由局面のフォルダに入れます。

3

4

回転コピーで9個にふやします。

その際、ツールパラメータの繰り返し回数を

8回に設定しておくと、一発でできます。

 

そうすると、八角形の花びらのような形状になります。

6

今度はそのひとつを少し盛り上げたカタチに変形して、

6

またも回転コピーでぐるっとまわしてやり

自由局面のフォルダの開いた線形状を並べ替えてやると

下の画像(上面図)のようになります。

8

自由局面を切り替え、

各頂点を全部選択して、

スムーズをかけると、

こんなかんじになります。

10

出発点のところはどうしてもこんなふうに

パスのハンドルが曲がってしまうので、

ポイントごとに修正してやります。

11

完成です。

12