タグ別アーカイブ: テント

テントをつくる②

テントの続きです。

tent1

屋根のパイプを作ります。

まず、平面の上にパイプの形状を

線で描きます。

tent2

前回と同じように、

線の一番端の部分に円を垂直に当てます。

tent3

フォロミーツールで一発。

tent4

これを各足に配置。

tent5

天井の屋根のパイプを作ります。

tent6

屋根の一番上に配置。

 

tent7

テントの幕をかぶせます。

屋根のパイプの三角に合わせて

三角形を描きます。

tent8

ずいーっと、プッシュ。

tent11

端の部分を適当な長さまでかぶせて、

完成。

テントを作る。①

テント

イベントやお祭りなどで使われるテントを

作っていきます。テントのサイズは尺貫法になっており、

1間=6尺=約180cmが単位になります。

最初に2間×3間=6坪のテントをつくるので、

そのサイズの四角形を描きます。

 

2

この四角形を長方向で半分にすると、

1間半×2間というサイズになります。

3

上段左から1.5間×1間、1.5間 ×2間、2間×3間、3間×4間、3間×6間、

下段左から、2間×2間、3間×3間となっています。

このくらいのサイズがあれば、大体のサイズに対応します。

4

足を作ります。

円を描いてプッシュ&プル、です。

6

 

 

 

 

 

足の上の部分は屋根や棟のパイプの

ジョイントになっています。

 

7

 

角の位置にある足はこのような形状になります。

8

2間×3間のテントは6本の足で

支えられます。

10

次に棟(屋根の枠)を作ります。

まず円を描いて、その中心線上に垂直の壁をたてます。

13

こんな風に円の中心から垂直に線を引き、

14

円弧を引きます。

16

適当な長さまで線をひいたら

壁を消し、線だけの状態にします。

17

円の面を選択した状態で、

フォロミーツールを使用すると、

線に沿ったパイプができます。

 

18

反転コピーして、コの字型にします。

19

各足に長さを調節して、

設置します。